大学職員への道
For the People who want to become University Staff
top みちのり 試験内容 勉強方法 検索方法 求人状況 求人履歴 リンク集 関連書籍 掲示板



【ら行】 龍谷(1) 年度:2000年 情報提供:HigeBOSEさん 備考:春

2000年度の春の募集の試験です。(秋にも募集はあります。)

・1次試験 
応募書類提出時に軽い面接がありました。
質問は、志望動機や説明会の感想などを聞いてきました。
ほとんどの人は通るみたいです。(ごくごく数人は落ちてました)

・2次試験 筆記
英語はTOEIC系の試験でマークシート。難易度はやや高めです。(人によるでしょうが)
一般常識は言語・数学ではマークシート。一般のSPIに近いもんです。
適性試験もありました。

独自問題は大学に関すること。
親鸞上人のこと・設立年数・学部数・カリキュラムについてでした。
これらは、説明会で配布される資料には載っています。

3次 小論文と面接

4次 面接

といった感じです。

【ら行】 龍谷(2) 年度:2007年 情報提供:Tequilaさん 備考:秋
<一次選考>
書類選考(持参不可)
(1)履歴書
(2)職務経歴書(指定様式)
(3)エントリーシート(指定様式)
(4)小論文「10年後の大学像と事務職員(アドミニストレーター)の役割」(指定様式)

<二次選考>
東京、京都にて実施。
筆記試験・性格検査・小論文・グループディスカッション。

筆記試験(マークシート)
・英語 英単語のつづり。
・図形の同異問題 
(例)例示された図形を180度回転させたものはどれか。
図形を折り重ねたら、最終的にどんな図形になるか。
・算数 植木算、日暦算、数列、論理演算、グラフ。
・国語 漢字、文章並べ替え、空欄の語彙補充、会話文を読んで発言者の真意などを読み取る問題。

時間との勝負。特に算数は中学入試レベルでかなりの難問。設問にひっかけが多いので、何を訊かれているのか玩味する必要がある。

性格検査(マークシート)
(例)一定の仕事内容について、「つきたい」「できればつきたい」「できればつきたくない」「つきたくない」の四択。
自分の性格について「思う」「思わない」「どちらともいえない」の三択。

小論文(約15分 B5用紙1枚)
「建学の精神について、あなたの知っていることを述べてください」
「入職後、あなたのやりたいことをのべてください」

グループディスカッション(全体で約30分)
7〜8人で1グループ。
20分程の議論の後、グループ代表者が結論を報告。
テーマ:「龍谷大学の学生の満足度をあげるためにはどうすればよいか」

<三次選考>
京都会場で実施。遠隔地からの受験者には交通費の支給あり(片道程度の金額)。
集団面接

5人1グループ。30分程度。
全員に共通する質問と個別の質問とがある。
全員に共通する質問は「あなたにとって大学とはどんな場所だったか」「龍谷大学という職場はあなたにとってどんな場所か」「あなたを色にたとえると何色か」
個別の質問は「仕事の実績として誇れるものはなにか」「どんな部署で働きたいか」「龍谷大学についてどんな印象をもっているか」「母校の建学の精神とはなんだったか」「挫折といえる経験は」などなど。
印象として、「仏教系の大学」を強調しすぎない方がいいのかなという気がした。

<最終選考>
京都会場で実施。遠隔地からの受験者には交通費の支給あり(片道程度の金額)。
意思確認。
【ら行】 龍谷(3) 年度:2010年 情報提供:neneさん 備考:新卒と準新卒
対象は新卒(2011年度)と今年大学を卒業した人(2010年度卒)のみです。

エントリー:リクナビよりエントリー

◆ES
・志望理由
・学生生活を通して達成したこと3つ
・私立大学の事務職員に求められる役割について(350字)
・事務職員として実現したいこと
+履歴書(各大学に基づく)

◆筆記試験(1次)
・現在の大学が置かれている状況や龍谷大学についての試験(20分)
・適性試験(SPIみたいなもの。難易度は高めだと思います。性格検査もあり)
・英語試験

◆グループディスカッション(2次)
始めに2グループ合わせて1つの部屋に集められ、説明と議題の書かれた用紙を配られます。
10分程度の時間で自分の考えなどをその用紙にまとめ、GDの際にはそれを利用してかまいません。
そのあと別の部屋で、6人程度のチームになってGDをします。
20分で役割を決め、結論まで出します。
ちなみに議題は「全入時代で大学はどうあるべきか」でした。

◆グループ面接(3次)
3人1組、面接官は2人でした。
聞かれたことは
・自己PRと志望動機(60秒位で)
・就職先を選ぶときに何を基準にするか
以降は個人の答えたことにつっこんでいく感じで、
終始穏やかでした。
しかし要点をおさえて話さないとあっという間です。
時間は30分位?

ちなみにこの面接の前にまたまた適性検査(簡単な質問事項に答えるだけ)がありました。

私はここで外れてしまいましたが
雰囲気的にはあと2回くらい面接があるような感じです。
【ら行】 龍谷(4) 年度:2011年 情報提供:京都の星さん 備考:既卒、新卒
1.書類選考(書類持参)
 提出書類について簡単な質問がありました。

2.筆記試験(筆記試験・性格検査)
 大学業界や大学の歴史、新設学部、創設者、建学の精神などについて。英語試験もあり。

3.面接試験(グループ面接40人くらい:一組4人:10分程度)+性格検査(何故か二回目)
 質問内容は3つ(手を上げた人から回答する)
 ■龍谷大学のいいところは?
 ■これからの職員の果たすべき役割は?
 ■関西の私大で学生数上位ベスト5は?(順位不問)
※志望動機、自己PRに関する質問は一切ありませんでした。
不合格通知は当日(面接の数時間後)に来ました。性格検査の結果が当日中に出たのかは不明です。
雰囲気は緊迫しており、回答内容に突っ込まれることはありませんでした。
面接官は5人くらいです。

このあとに、もう一回面接(個人)があるみたいです。

本学の面接を通じて感じたのは、本学のことをよく知っている学生を欲しているようでした。
その点で、OB,OGは強いかもしれません。
【ら行】 龍谷(5) 年度:2011年 情報提供:匿名で…さん 備考:契約
2011年度 冬期(12月中旬〜1月初旬受付 30名程度 4月採用)

事務系嘱託職員D(契約職員)筆記試験の内容です。
面接はまだですが、忘れないうちに書き込みをします。
京都新聞、朝日新聞、日本経済新聞に求人広告掲載あり。

【1】WEBエントリー

【2】応募書類を大学に郵送(持参不可。なるべく簡易書留でと指示あり)

1.履歴書(本学様式、写真貼付、自筆)※様式ダウンロード(PDFファイル)
2.龍谷大学嘱託職員エントリーシート(本学様式、ワープロ使用)※様式ダウンロード(Wordファイル)

試験は階段大教室で、150人くらいでした。
筆記試験の内容ですがSPIではありませんでした。

公務員試験によくある、適性テストです。
仕事のスピードと正確さが問われるものです。
それぞれ4分〜6分、試験官の止めの合図があるまでひたすら問題を解く。

・右と左で違う箇所は何か所か?
・次の語句を手引きに従って分類し、該当する数字を答えよ
 など・・・。

時々考えてしまう問題があったのですが、飛ばして答えても問題ありません。マーク試験ではなかったので、コンピューターが読める字を書く必要がありました。

間に休憩があり、筆記試験。20分程度。
龍谷大学をどれだけ知っているかの問題です。
HPをしっかり見ておく必要があります。
穴埋めの方式です。

・創設者(親鸞聖人)について
・建学の精神について
・現在の学部数(選択)
・新設学部について
・現在の学生数、今までの卒業人数(選択)
・第5次長期計画について など

大学とは?
・大学を管轄している「省」はどこか?
・大学の組織とは(主な職階)
・入学者受入方針を(    )ポリシーという。
・教育課程の編成方針を(   )ポリシーという。
・卒業認定・学位授与に関する方針を(   )ポリシー
 という。

筆記試験通過者のみ、2月上旬に面接試験があります。
【ら行】 龍谷(6) 年度:2014年 情報提供:匿名さん 備考:新卒
龍谷大学 2015年度新卒採用

ES郵送
建学の精神について思うこと、大学職員になりたい理由など。

1次 筆記試験
SPIのようなもの、英語あり。
かなり長い時間行いました。

2次 作文試験(テーマは龍谷大の取り組みに関するもの、1000字程度。)、
グループ面接(若手職員。志望理由や学生時代にがんばったこと、こちらが言ったことにさらに質問されました。)

3次 適性検査(クレペリン)、グループディスカッション、
個人面接(中堅職員。志望理由、学生時代にがんばったことを深く聞かれました。大学職員に必要だと思う資質、どんな職員になりたいか、キャンパスの感想など。)

4次 適性検査(簡単な心理テストのようなもの)、
グループ面接(役員面接。大学業界についての意見を求められました。最近の大学業界のニュース、龍谷大の学生数など、大学についての質問など。)

4次以外はとても和やかな雰囲気でした。4次は圧迫ではないですが、淡々と進みました。
選考の度、内省し向上心を持つと良いと思います。
すべての選考会場の校舎が違っていたので、様々な校舎を見て欲しいという配慮だったように思います。
【ら行】 龍谷(7) 年度:2014年 情報提供:定食さん 備考:既卒
一次選考:書類選考
大学指定のエントリーシート
内容は志望動機、自己PRのほか、建学の精神について思うことを記述

二次選考:筆記試験、集団面接
一般常識…漢字の読み書き、四字熟語、数学(中学卒業レベル)、英単語組立、時事問題が出題。対策はSPIで問題なし
英語試験…TOEICタイプの試験。スコア500あれば十分のレベル
集団面接…志望動機、仕事上で最も苦労したことと学んだこと、部署間での調整経験はあるかなど次回面接時の課題として、龍谷大学のキャンパス(関西地区、東京)を見学し、感じたことを聞かせほしいというざっくりとした課題

三次選考:適性検査、個人面接
別の大学へ採用されたため辞退

浄土真宗が母体であるため、建学の精神が他大学と比較して個性的である。
建学の精神の解釈によって、良くも悪くもなってしまうため、じっくりと志望動機を考えるとよい。