大学職員への道
For the People who want to become University Staff
top みちのり 試験内容 勉強方法 検索方法 求人状況 求人履歴 リンク集 関連書籍 掲示板



【ま行】 桃山学院(1) 年度:2008年 情報提供:桃太郎侍さん 備考:既卒
応募資格:高卒(既卒)以上、採用時年齢(2009.4.1)満27歳以下

第一次試験(書類審査)

第二次試験(集団面接:50分程度)12時50分集合 13時開始

 面接官2名対5名

 内容:@氏名と自己PRを述べて下さい。
    A働く上で重要な事は何かを1つ述べて下さい。
    B桃山学院大学をどのように見ているかを述べて下さい。
    C大学職員の役割は何かを述べて下さい。
    D活躍できる部署を述べて下さい。

 状況:受験者数:30名程度(男性12名程度,女性18名程度)、欠席者数:2名程度
    書類審査で、応募者の1/5程度の人数に絞り込まれていた。
    年齢層は、20代中盤。
    集団面接は、5名1組6グループ程度で同時刻から別々の部屋で開始した。
    桃山学院大学を卒業された受験者もちらほらと見かけられた。
    
第三次試験(筆記試験)、第四次試験(面接)、第五次試験(面接)に続く。
【ま行】 桃山学院(2) 年度:2010年 情報提供:ウェーテルさん 備考:なし
桃山学院大学の職員採用試験受けてきました。ざっと見ただけでも400名はいたと思います。

テストは英語・一般常識ともマーク形式で一般常識はそこそこ難しかったです。小論文テーマはあなたが失敗から学んだことを800字以内というものでした。