大学職員への道
For the People who want to become University Staff
top みちのり 試験内容 勉強方法 検索方法 求人状況 求人履歴 リンク集 関連書籍 掲示板



【た行】 東京経済(1) 年度:1999年 情報提供:電気さん 備考:なし

1次を通過した人だけが数日後に呼び出され(半分以下に減っていた)、受験者3人VS面接官3人で面接でした。
聞かれたのは志望動機、学生時代力を入れたこと、自分の弱点などです。
とくに学生時代力を入れたことは詳しくツッコミが入りました。
私はここで他の2人に圧倒されてしまい、玉砕したので、受験される方は頑張ってください。
他の人の発表を聞く姿勢も見られています。
それと弱点を聞かれてネガティヴな答えをしないようにうまく話を自分をアピールする方向へ導きましょう。

【た行】 東京経済(2) 年度:2001年 情報提供:隼人さん 備考:なし

グループディスッカッションと論文でした。
集団討議のテーマは「男女雇用機会均等法について」
論文は「感動」についてというものでした。

【た行】 東京経済(3) 年度:2001年 情報提供:チョコさん 備考:なし

随分、前のことになっちゃったけど、私も1次を受けて、その内容が違ったので一応、お知らせします。
多分、2グループに分けられたもう1つだったのかな?

討論のテーマ「組織の中の個人について」
作文のテーマ「信頼」でした。

【た行】 東京経済(4) 年度:2005年 情報提供:みっぽんさん 備考:なし

【2005年1月28日】
 書類選考〆切り
 提出書類:履歴書、職務経歴書、成績証明書
      卒業証明書、東経フォーマットの書類

【2005年2月5日】
 筆記、面接
 応募者数約160人中、書類選考通過者44名が集合
 筆記試験:SPI(約90分)
 面接  :面接官4名に対して約5名づつの集団面接
      ・大学職員の志望理由
      ・どうして東経大を志望しているのか?
      ・長所と短所
      ・転職理由
      ・最近、感動した事について

【2005年2月19日】
 筆記、グループ討論
 1次試験約44人中、通過者19名が集合
 筆記試験  :小論文(約50分)
        ・『学生サービスについてあなたが思うこと』
 グループ討論:約6名1グループのグループ討論
        ・『大学職員について』
        ・議長等はグループ内で自由に決定してよい方式
        ・一次と同様の面接官がチェック

【2005年2月27日】
 面接
 2次試験約19人中、通過者9名が集合
 面接:面接官4名に対して1名ずつ(1次、2次と同様の面接官)
    ・自己PR(約1分)
    ・志望動機
    ・なぜ、東経大を志望しているか
    ・転職理由
    ・大学職員になったらどのような事ができるか
    ・自分が上司になった場合、部下にどのように接するか
    ・理想の上司について
    ・取得している資格について。どうして取得したのか?
    ・希望していない部署に配属された場合はどうするのか?

【2005年3月4日】
 役員面接、健康診断